大規模修繕

HOME > 大規模修繕 > 建物調査・診断

建物調査・診断

調査・診断は「目的」により、調査項目が異なります。弊社では皆さんとご相談の上、無駄のない調査・診断を行います。このページでは、目的別の調査・診断項目例や各調査項目の内容を動画等にてご紹介します。

目的別調査・診断項目例

大規模修繕工事を目的とした調査・診断項目

  1. 目視調査(目視・打診・クラックアイによる調査)
  2. バルコニー立入調査 
  3. 仕上材付着力強度試験(タイル、塗装面)
  4. コンクリート中性化深度試験
  5. シーリングダンベル物性試験
調査項目選定趣旨

駆体・仕上材の現状(劣化状況)の把握し、工事範囲・工事仕様検討データ収集等

新築建物の瑕疵調査・診断項目

 【一次診断】  

  1. 目視調査(目視・打診・クラックアイによる調査)
  2. バルコニー立入調査
  3. レベル(水平精度)調査等

【二次診断】 ※一次診断結果を元に決定

  1. コンクリート強度試験
  2. 配筋調査(非破壊検査)等
調査項目選定趣旨

目視等の非破壊一次診断を行って現状把握の上、必要な場合はご相談の上、二次診断を行う

建築設備調査・診断項目

【給水設備・排水設備】 

  1. 目視調査(受水槽、高架水槽他)
  2. 専有部給水管内視鏡調査
  3. 排水管抜管調査

【電気設備】

  1. 目視調査(ブレーカー、照明器具他)
  2. 電気器具絶縁抵抗検査(漏電調査)
調査項目選定趣旨

建築設備の現状(経年劣化)の把握、残存寿命、器具更新時期検討データの収集等

調査項目の内容紹介

目視調査


※音がでます

【調査概要】

立入可能な範囲を肉眼、打診棒等で建物の現状(劣化状況等)を確認 する調査です。左の画像は、タイルの浮き部分をチェックしています。タイルが浮いている部分は高い音がします。わかりますか?

【調査報告書】

目視調査結果は、文章による報告書以外に劣化分布図
写真集を添付し皆さまにお住まいの現状が伝わかりやすいご報告が出来るように心がけています。

報告書サンプル劣化分布図サンプル写真集サンプル

バルコニー立入調査

construction2_photo01.jpg
バルコニー立入調査状況

【調査概要】

事前に、アンケートを配布をしバルコニー立入希望者を対象にバルコニー目視調査を行います。居住者の問診を平行して行い、幅広いデータ収集を行います。

【調査報告書】

バルコニー目視調査報告以外に、居住者アンケート集計
住戸毎のバルコニー劣化部分布図を作成致します。

アンケートサンプル劣化分布図サンプル

仕上材付着力強度試験


※音がでます

【調査概要】

仕上材(タイル・塗膜)の付着力を測定します。仕上材を実際に剥がして行う為、下地(駆体、モルタル等)の状況も同時に確認します。

【調査報告書】

試験箇所及び、試験結果を明確に表現し、高さや方角別に劣化の進行度がわかる報告書を作成いたします。

報告書サンプル

コンクリート中性化深度試験


※音がでます
【調査概要】

駆体コンクリートからサンプルを採取し、中性化深度を測定します。駆体の劣化状況やコンクリート内の鉄筋への影響について調査します。

【調査報告書】

試験箇所及び、試験結果を明確に表現し、高さや方角別に劣化の進行度がわかる報告書を作成いたします。

報告書サンプル

シーリングダンベル物性試験

construction2_photo02.jpg
シーリングダンベル物性試験状況

【調査概要】

部位や仕上材の取合い等で使用されるシーリング材。防水や緩衝材等の目的で建物各所で使用されているが、耐用年数は短いため、劣化状況の確認は欠かせません。

【調査報告書】

防水や緩衝材等の目的別にサンプルを採取し、劣化度材料の成分分析を行い報告いたします。

報告書サンプル

sp