大規模修繕

HOME > 大規模修繕 > 長期修繕計画・アフターケア

長期修繕計画・アフターケア

マンションは、その資産価値や美観、生活環境を維持保全するために、定期的に修繕を行うことが不可欠とされています。長期修繕計画は、修繕工事及び、資金計画を含めた組合運営を進めることを目的として作成されます。

工事費用の不足は、借入金や一時金によって補填しますが、借入先や金利、返済のための積立金の値上げ等の総会決議を得るまでの時間的、精神的負担が小さくありません。資金計画を事前に立てて、少しでも負担を軽くすることは住民の安心につながるばかりでなく、本来の目的である修繕工事に集中ができます。

長期修繕計画ための準備

1.データの収集
竣工図をはじめ、修繕履歴等の収集【詳細ページ
2.パートナー選び
管理会社、設計事務所等、信頼できる長期修繕計画作成コンサルタント

長期修繕計画書の見方

各年度修繕工事計画表

plan_1.gif各工事毎に修繕時期及び、修繕費を表にしたものです。この表で各年度の工事内容や修繕費がわかります。

【注意事項】

各工事内容、修繕費の根拠が別頁や別紙で、添付されているか確認しましょう。工事内容や根拠となる資料が無いものは修繕工事の際や定期見直しの際に使用できません。

修繕費積立計画表

plan_2.gif現状の修繕積立費が今後の修繕計画ために充分なものかを比較・検討した表です。この表で現状の修繕費の見直しの検討材料となります。

【注意事項】

一般的に、消費税や物価変動率は考慮されておりません。そのため、定期的な見直しが必要です。

定期的な見直し

弊社では、5年毎程度の長期修繕計画の見直しを推奨しております。昨今の原油高騰等による物価変動により、実際の工事の際、予算オーバーを招いたり、適切なメンテナンスや環境により修繕時期が延びることもあります。

そこで弊社では初回計画時に見直しや建物診断結果を考慮した、計画書を作成しております。詳しくは下記のボタンをクリックしてご確認ください。

株式会社T.D.Sの長期修繕計画

sp