理事会・修繕委員の皆様へ

HOME > 理事会・修繕委員の皆様へ > 長期修繕計画 > 長期修繕計画書の重要性

管理組合様のマンション維持管理法

長期修繕計画:長期修繕計画書の重要性

マンションの修繕に欠かせない長期修繕計画ですが、その重要性の認知度はまだまだ低いようです。
皆さんはしっかりした計画書を作成、保管してありますか?

長期修繕計画書の重要性

  1. 修繕費用がいつ・どの程度必要か事前に把握出来る。
  2. 各年度の工事内容が把握出来る為、業者から(必要範囲の)見積を取りやすい。
  3. 修繕費を改定する為に、根拠を示せるので居住者の理解を得やすい。
  4. 必要な修繕、予算が把握出来る為、修繕積立金計画の変更の根拠となり、検討が可能。

以上のことから、修繕委員の労力を軽減することができます。

計画書を確認してみましょう。

現在、計画書を立案済みの場合は計画書を確認しながら、これから計画書を立案する場合は以下の点に注意し、修繕委員のためのより良い長期修繕計画書作成に生かしてください。

  • 各工事の仕様(工事内容、工事単価等)が明記されている。
  • 修繕周期の根拠がわかる。
  • 定期的に計画書の見直しがされている。

※工事仕様が明記されていないものは、実際工事金額と大きく異なる場合があります。

例えば、防水工事一つでも、アスファルト防水、ウレタン防水、シート防水等様々な工法があり、工事金額が大きく変わるためです。

sp