耐震診断

HOME > 耐震診断 > 耐震診断の流れ

耐震診断の流れ

耐震診断の重要性

日本で古い建物(特に昭和56年以前)は「旧耐震」と呼ばれているように、現在の基準に比べて耐震性能があまり高くありません。これらの建物を「既存不適格の建物」と称しています。

1995年の阪神・淡路大震災では多くのマンションが全壊、半壊等の被害を受けました。阪神・淡路大震災では「新耐震」以前に建設された建物の被害が大きく、以後に建設されたもの被害が少なかったことが報告されています。

従って、耐震改修促進法では、1981年(昭和56年)6月以前に建築確認を受け建設されたものを耐震診断・改修の対象としています。

T.D.Sの耐震診断

seismic_capacity_evaluation_02.jpg建物の耐震性は外見だけではわかりません。

従って、 現地調査により構造部材だけでなく、非構造部材(仕上材、建築設備)の診断も行い、調査結果及び設計図書などを基に診断します。

関連 耐震調査

耐震診断の流れ

マンションの耐震診断・改修工事は、共用部分を対象にしていますので、管理組合において住民の合意の基に進めます。

seismic_capacity_evaluation.gif

sp