耐震化の流れ

耐震診断・耐震改修工事の流れ

耐震化の流れ

耐震診断から耐震改修工事までの流れをご紹介します。

耐震診断
1.耐震化の検討

管理組合内で耐震化の合意形成を図ります。

T.D.Sで行うもの
  • お見積りします
  • 必要な場合は勉強会を実施
  • 理事会、総会で説明も行います
2.契約締結

(必要に応じて)事前に助成制度の利用申請をします。

T.D.Sで行うもの
  • 設計図書や現地での調査をもとに診断します
  • 診断結果により、耐震改修計画案(補強案と概算工事費)を提示します。
3.耐震診断

診断結果が判定指標を満たす場合は耐震性能が確保されています。
診断結果が判定指標を満たさない場合は耐震補強設計・改修工事の検討をおすすめします。

T.D.Sで行うもの

他社診断結果や補強設計結果、耐震改修工事費などで問題を抱えている・耐震化に行き詰まっている場合のご相談も受け付けております。

耐震補強設計

診断結果が判定指標を満たさない場合

4.耐震化の検討

管理組合内で耐震化(または建替え)の合意形成を図ります。

耐震化を進める場合

5.契約締結

(必要に応じて)事前に助成制度の利用申請をします。

6.耐震改修計画(耐震補強設計)
T.D.Sで行うもの
  • 状況に応じた実現可能で最適な案を設計、ご提案します
耐震改修工事
7.施工業者選定

工事を依頼する施工会社を決めます。

T.D.Sで行うもの
  • 業者選定のサポートを行います
8.耐震化の検討

管理組合内で耐震化の合意形成を図ります。

9.契約締結

施工会社、T.D.S、それぞれと契約書を交わします。
(必要に応じて)事前に助成制度の利用申請をします。

10.耐震改修工事
T.D.Sで行うもの
  • 業者選定のサポートを行います
  • 設計どおりの工事が行われているかの確認をします
T.D.S

マンションの耐震化を進めるためには、各段階で区分所有者間の合意形成を図ることが重要です。
理事会や総会での説明や勉強会の実施など、T.D.Sは総合的にサポートします。

お気軽にお問い合わせください。

  • 「どのように耐震化を進めたら良いか分からない」
  • 「耐震化に関する勉強会を実施してほしい」
  • 「耐震診断や耐震補強設計について、詳しく聞きたい。勉強会を実施してほしい」
  • 「耐震改修費用を抑える方法があるか聞きたい。助成制度について教えてほしい」
  • 「他社診断・他社補強設計の結果で耐震化実現が頓挫している物件の見直し」
ページトップへ

株式会社 T.D.S
株式会社 T.D.S

MENU